Tue. Dec 10th, 2019

お花と植物

プリザーブドフラワーと生花の違いについて、それぞれの良い点、悪い点をご紹介してきました。主に値段や保存期間、管理方法や用途に違いがあるため、それぞれの特徴を知った上で、特にプレゼントする場合などは送り手側のメッセージ性を込めて、お好みの花を購入頂くのがよいと思います。 特に花は贈り物としての用途で使われることが多いと思います。贈り物をする方が、お花を通してその時期その時期の季節を感じてほしい場合は生花を贈るのも良いでしょうし、長くお花を楽しんでほしい場合はプリザーブドフラワーを贈るのも良いでしょう。 様々な用途を考えて、プリザーブドフラワーにするのか生花にするのかを選択してください。... Read More
プリザーブドフラワーも生花も見た目としては、ほとんど変わりません。むしろプリザーブドフラワーは色を付けることが可能なため、自分好みの色合いにすることも出来るため色々なアレンジが出来ると言えるでしょう。 また、保存期間もかなり長くなります。生花の購入者や、プレゼントとして受け取ったことがある方はご存知かもしれませんが、特に暑い時期などは数日もするとお花が枯れてしまう場合もあります。 一方、プリザーブドフラワーは、高温多湿の場所や直射日光を避けるなど、しっかりとした管理をすると1~2年程度持たせることが可能です。さらに、水やりの必要がありません。ついつい毎日の水やりを忘れてしまうなどという人でも生花よりは簡単に管理することが出来ると言えるでしょう。 ただし、何も管理をしなくてもいいというわけではありません。特に直射日光に長時間当たると着色している部分が剥がれてしまう、変色してしまうという不具合も生じます。一定の知識と管理が必要であることは知っておいたほうがよいでしょう。... Read More