Tue. Oct 22nd, 2019
ドライフラワーとプリザーブドフラワーの違いを紹介します。適切なものを選ぶ際の参考にしてください。 ドライフラワーの製法は単純です。麻紐で縛った生花を風通しの良い日陰に吊るして乾燥させ、水分を抜くことで長期保存を可能にします。作る際に特殊な材料は使わずに、3~6ヵ月の保存が可能となります。 乾燥しているため質感はカサカサとして硬くなり、色が落ちて落ち着いた風合いになります。草が乾燥したような独特の香りも特徴的です。生花の瑞々しさや鮮やかな色とはまた違った楽しみ方と言えるでしょう。 乾燥しているためポロポロと崩れてしまうことがあり、綺麗に楽しむには落ちがらの掃除や防虫といった対策が必要になります。 プリザーブドフラワーはドライフラワーと比べると特殊な工程を踏んでいます。生花から水分を抜いたあと、グリセリンを含む特殊な液体に漬けて制作します。 作るのに手間がかかるプリザーブドフラワーですが、ほとんど生花と変わらない見た目や手触りが特徴です。また、生花とは違うプリザーブドフラワーならではの鮮やかな色を出すこともできます。 保存方法はホコリを避け、直接日が当たらない風通しの良い場所に置いて保存します。特別な手入れをしなくても数年間の長期保存が可能となります。... Read More
美しく咲いたら枯れていくのが花の運命と言いますが、お気に入りの花を長く楽しめたら嬉しいものです。よく花を長期保存する方法としてドライフラワーやプリザーブドフラワーといった方法を耳にします。 プリザーブドフラワーはまだ登場して20年ほどしか経っていない比較的新しい保存方法で、どういった方法なのか分からないという方も多いのではないでしょうか。 プリザーブドフラワーはドライフラワーの一種ですが、その特徴はドライフラワーとはかなり違ったものとなっています。... Read More
プリザーブドフラワーと生花の違いについて、それぞれの良い点、悪い点をご紹介してきました。主に値段や保存期間、管理方法や用途に違いがあるため、それぞれの特徴を知った上で、特にプレゼントする場合などは送り手側のメッセージ性を込めて、お好みの花を購入頂くのがよいと思います。 特に花は贈り物としての用途で使われることが多いと思います。贈り物をする方が、お花を通してその時期その時期の季節を感じてほしい場合は生花を贈るのも良いでしょうし、長くお花を楽しんでほしい場合はプリザーブドフラワーを贈るのも良いでしょう。 様々な用途を考えて、プリザーブドフラワーにするのか生花にするのかを選択してください。... Read More
プリザーブドフラワーは保存期間も長くプレゼント用としても便利なお花ではありますが、加工できるのは一部の花しかありません。バラやチューリップ、アジサイやカーネーションなどといった花びらが多く厚い花のみが加工に向いています。 その点、生花には言うまでもなく多種多様な種類が存在します。どのような場面で花が必要になるかを想定した上で、プリザーブドフラワーがよいのかどうかを考慮したほうがよいと言えるでしょう。   また、お花は独特の匂いを感じることが出来るのも一つ嬉しいポイントではありますが、プリザーブドフラワーにはその匂いがありません。加工している段階で花粉を除去しているためです。もちろん香料などをつけて、匂いをつけることは出来るので、もし、花粉によるアレルギーなどを持っている方に対してのプレゼントを考える場合は、生花よりもプリザーブドフラワーのほうが適しているでしょう。   しかし、プリザーブドフラワーは人手の加工作業を必要とするため、生花よりは値段が高くなります。また、加工できるのは一部分であるため、アレンジメントやウェディングブーケ、髪飾りなどの用途に限られる場合もあります。 一方、生花の値段はその年の需給量などに変動されますが、プリザーブドフラワーよりは安い価格であり、かつ用途も様々に使うことが出来ます。... Read More
プリザーブドフラワーも生花も見た目としては、ほとんど変わりません。むしろプリザーブドフラワーは色を付けることが可能なため、自分好みの色合いにすることも出来るため色々なアレンジが出来ると言えるでしょう。 また、保存期間もかなり長くなります。生花の購入者や、プレゼントとして受け取ったことがある方はご存知かもしれませんが、特に暑い時期などは数日もするとお花が枯れてしまう場合もあります。 一方、プリザーブドフラワーは、高温多湿の場所や直射日光を避けるなど、しっかりとした管理をすると1~2年程度持たせることが可能です。さらに、水やりの必要がありません。ついつい毎日の水やりを忘れてしまうなどという人でも生花よりは簡単に管理することが出来ると言えるでしょう。 ただし、何も管理をしなくてもいいというわけではありません。特に直射日光に長時間当たると着色している部分が剥がれてしまう、変色してしまうという不具合も生じます。一定の知識と管理が必要であることは知っておいたほうがよいでしょう。... Read More
プレゼントとして重宝されるアイテムと言えば今も昔もお花です。そんなお花の中でも最近では、プリザーブドフラワーという種類の花の人気が出ています。プリザーブドとは英語でpreservedと記載し、日本語では「保存」という意味です。その言葉の通り、プリザーブドフラワーは生花を長く持つように加工した花です。そんなプリザーブドフラワーのメリットやデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。... Read More